WORKS

施工事例

NO9.フランスパン屋KAISO

Store Renovation

世田谷区

NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」
NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

    DATE

    家族構成
    店舗
    間取り
    店舗+厨房+バックルーム全体
    目的
    店舗開業
    工事箇所
    1フロア全体
    築年数
    40年
    設計+工事費
    360万円

    施工前

    • NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」
    総工費詳細
    電気設備工事
    50万円
    空調設備工事
    15万円
    水道・ガス設備工事
    80万円
    厨房造作工事
    90万円
    店舗造作工事
    75万円
    他工事・諸経費
    35万円 ※厨房設備機器代金は含まず

    総額
    340万円

    GALLERY

    お客様のご要望

    「下北沢の街並みに溶けこむパン屋さん」

    某有名カフェのシェフが独立開業の為、見つけたのが下北沢の茶沢通り沿い、素敵なカフェや雑貨屋さんの並ぶ一角の物件でした。ぴかぴかの新品ではなく、使い古した風合いのあるものが好き、という事で、店内はアンティークの引戸や古材、ざっくりとした塗り壁で作られています。パンが主役となるようなシンプルな空間を目指しました。

    リフォームのポイント

    和洋ミックス、温かくて長居したくなるパン屋さん

    オーナーのS様こだわりのアンティーク建具を入れた店構えは古き良き昭和の駄菓子屋さんのよう。新しいお店ですが、骨董屋さんなども多くある茶沢通りの雰囲気に溶け込んでいます。足を踏み入れると古木の家具や手焼きのタイルなど、外国の街角のパン屋さんのようです。居心地が良くて、ついつい長居してしまうような素敵なお店ができました。

    リフォームの詳細ポイント

    • 古材のカウンターと棚
      NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      レジを置くカウンターは古材を張って仕上げ、後方の飾り棚も同じく古材を使用。古材は古い住宅で使われていた木材で、一つとして同じものが無い一点ものです。新しいものとは違う、味のある風合いが楽しめます。

    • イートインスペース
      NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      ちょっとしたイートインスペースあります。 入り口の引戸は古い日本家屋で使われていた アンティークです。

    • バックスペースのシンク
      NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      バックスペースにあるトイレ横の手洗いです。 お客様が選んだのはアンティークの置くタイプの手洗器。壁、天井は販売スペースと同じく珪藻土です。バックスペースのみ、お客様とロクサのスタッフで塗りました。

    • 床と壁
      NO9.フランスパン屋KAISO | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      床は既存のシートをはがして、そのまま手を加えず使用しています。壁天井は塗り壁で、 全体的にざっくりとした雰囲気に仕上げています。


    CONTACT

    お問い合わせ