WORKS

施工事例

NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線

Exterior

横浜市

NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」
NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

    DATE

    家族構成
    ご夫妻+お子様
    間取り
    ウッドデッキ
    目的
    LDとつながるウッドデッキの設置
    工事箇所
    エクステリア
    築年数
    3年未満
    設計+工事費
    290万円
    総工費詳細
    照明工事
    55万円
    水栓工事
    40万円
    塗装工事
    40万円
    ウッドデッキ造作
    155万円

    総額
    290万

    GALLERY

    間取り

    NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

    お客様のご要望

    元気いっぱいな男の子がいるM様ご夫妻は、お子様の成長に伴い一人外で遊んでも危なくないようにとLDから出入りするフェンス付のウッドデッキをご希望でした。
    また休日にはご家族やご友人たちを招て食事会をするためにLDの延長としてウッドデッキを使用されたいという事でした。ウッドデッキがあることで広がりのあるプライベート空間の中より豊かな日々を送れるようにという思いを込めて、自然とのつながりを住まいの一部として取り入れていく暮らしへの実現にご協力させて頂きました。

    リフォームのポイント

    富士山の見えるくつろぎの空間を

    小高い丘に位置しているので、天候の良い日には富士山が見え反対側には遠くに海が見渡せます。
    富士山が見える側に洗濯干し兼ハンモックスペースと日よけ用のパーゴラを設置しています。
    また、海側は隣家が視界を遮っていたのでステップで高低差をつけています。
    こちらはフリースペースとして、お気に入りの家具や小物などを集めディスプレイしくつろげる空間にしていくそうです。
    またステップはベンチとして使用したり、植栽をディスプレイしたり、または照明を置いてみたりとアイディア次第で空間に多様性を与えます。

    リフォームの詳細ポイント

    • ウエスタンレッドシダー
      NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      デッキの材料はウエスタンレッドシダーの天然木を使用いたしました。天然木と人工木のメリット・デメリットは様々ございますが、M様が一番大切にされたのは、天然木ならではの風合いとプロヴァンス風の外観とマッチすることでした。
      また、統一感を持たせるためフェンス・階段・パーゴラもデッキ材と同じ天然木で造作しました。本来ウエスタンレッドシダーは黄褐色から褐色の色味ですが外観とマッチさせるため、仕上げの塗料はクリア塗装にホワイトで着色をしています。

    • ブランコ
      NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      M様の希望でデッキの余ったデッキ材料で子供用ブランコを造作しました。パーゴラの桁部分に固定しステップを上る途中に設置しています。
      設置する際もM様に、位置やロープのサイズを確認しながら一つ一つ仕上げていきました。
      今では、お友達と楽しくブランコに乗っていると伺っております。

    • パーゴラ
      NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      ウッドデッキで洗濯物を干す時やハンモックでくつろいでいる時、室内にいる時に日差しを緩和させるためパーゴラを採用しました。
      パーゴラは手動式で水平に流れるレールに沿って、キャンパスがスライドし柔らかいウェーブを描きます。
      パーゴラを設置している洗濯干しスペースは、通りに面しているため目隠しフェンスを高さ180cmに設定しプライベート感を大切にしています。
      やすらぎのオープンエアな快適空間となっております。

    • 照明計画
      NO17.ウッドデッキにつながる室内外の動線 | 川崎&横浜のデザインリフォーム・リノベーション「ロクリノ」

      プランニング最中よりマリンライトを設置したいとご要望を頂いていました。
      また、当初よりM様はご家族や親しいご友人たちを招いての食事会や、夏場は夕涼みをお考えでしたので、ウッドデッキを使用するシーンによって照明を使い分けれるようにマリンライト以外にもウッドデッキに埋め込むダウンライトやスポットライトなどもご採用頂きました。またLDからステップが見えるので、室内から見る照明プランも意識して計画いたしました。
      色温度が低い照明で足元や低い場所を照らすことで、やすらぎやくつろぎ感を得られ空間に立体感と奥行をプラスさせます。


    CONTACT

    お問い合わせ